松本とし子

まつもと 敏こ
日本共産党平塚市議会議員
活動ファイル

各党の税金依存さらに

2012年12月2日

企業献金と二重取り 民主83% 自民72%

政党助成金

12月1日のしんぶん赤旗より

 各党が2011年中に受け取った政党助成金(政党交付金)が収入全体に占める割合=「税金依存率」が前年比でのきなみ上昇し、民主党が83・2%、自民党が72・5%となりました。みんなの党も前年の58・9%から37・9ポイントも急増し96・8%。11月30日に総務省が公表した政治資金収支報告によって明らかになりました。(グラフ参照)

 助成金受け取り額のトップは民主党の168億2589万円。10年に行われた参院選の敗北による議席減少で前年より2億7928万円減少しましたが、党本部収入全体に占める割合は0・5ポイント上昇しました。次いで高額の101億1469万円を受け取った自民党も、総額では減らしましたが、税金依存率は5・1ポイントの増加。同時に自民党は、11億5500万円の企業・団体献金を受け取り、助成金と企業団体献金を合わせると依存率は80・7%です。公明党も22億7534万円の助成金を受け取っています。

 1994年の政治改革・政党助成金制度導入に際しては、5年後に企業・団体献金を禁止するとしていましたがその措置は今日までとられていません。このため、日本共産党以外の政党は税金と企業・団体献金の二重取りを続けています。

 さらに、各党の本部や支部が使い残した政党助成金(基金残高)も、11年末時点で総額171億9130万円に上っていることも判明。前年末比で108億2447万円も増えました。

 政党らしい政党とは何かが鋭く問われる中、日本共産党以外の各党が、党財政の大半を税金で賄い、さらに企業・団体献金を受け取るという深刻な実態です。

2012120104_01_1

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP