松本とし子

まつもと 敏こ
日本共産党平塚市議会議員
活動ファイル • 議会の取り組み

平塚議会として安全保障法制に対し意見書提出

2015年7月6日

平塚市議会は、6月議会最終日(6月25日)に「安全保障法制の丁寧かつ十分な審議を求める意見書」を賛成14人、反対13人の賛成多数で可決しました。

image 

今6月議会には、4つの請願が出されました。

①「特定秘密保護法の廃止を求める意見書提出を要請する請願書」が11の市民団体および2名から

②「特定秘密保護法の廃止を国に求める意見書の提出を要請する請願」が1団体から、

③「安全保障体制の見直しを行わないよう求める意見書提出を要請する請願書」が1団体から、

④「子どもたちにゆたかな学びを保障するために、少人数学級の実現、教育予算の増額、義務教育費国庫負担制度の堅持・拡充を求める請願」が1団体から。

私たち日本共産党平塚市議会議員団は、この4請願とも多くの市民が望む内容であり、採択すべきという立場で挑みましたが、①から③は、賛成少数で否決されてしまいました。(①②は一緒の採決となり、賛成9、反対18。 ③は賛成5、反対22。④は全会一致で採択。)

 しかしその後、多くの市民が政府の「安全保障法制」に対し疑問や不安が出ている時、議会としてこのままでいいのかという意見があり、「慎重審議を求める意見書」の提出に向けた交渉が行われました。その結果、最終的には「丁寧かつ十分な審議を求める意見書」として、最終日に提出されたのです。

私たち会派は、内容的には十分とは言えないが、議会として国に意見書を出すことが重要であることから賛成をしました。採決の結果、賛成14、反対13で、意見書提出が決定しました。

賛成=湘南フォーラム4人(議長を除く)、平塚創生会4人、共産党市議団3人、無所属議員3人

反対=清風クラブ8人、公明ひらつか5人。

IMG_5718.jpg11

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP